内田 充 工務部 技術職 2004年入社

地図に残る仕事に
やりがいを感じます。

栗山組先輩社員のご紹介

STAFF 01 内田 充

どのような仕事をしているのですか?

現場責任者をしています。

発注者、下請業者と工事が円滑に進むための工事打合せや、現場で適正な施工が成されているかの確認、工事現場に関する一連の流れをより良くするために、他工事業者を含む工程調整、関係業者への指示伝達をすること等が主な作業内容です。

安全対策においても、毎朝の朝礼、工事現場にて確認します。また、それらの管理に関する書類作成、原価管理も行っています。

入社して建設業のイメージと違っていたことはありますか?

入社前は、建設業ということもあって堅いイメージを持っていたのですが、実際入ってみると、とても暖かくアットホームな印象を受けました。

本当に各個人に対して親身になって考えてくれる、人を大切にしてくれる会社だと思います。

仕事のやりがいを教えてください。

やはり土木事業は『地図に残る仕事』というところにやりがいを感じます。自分の関わった工事が、実際地図に載ることはとてもすごいことだと思うし、本当にうれしかったです。

完成した道路や構造物を見ると何とも言えない達成感が感じられます。

入社して成長できたと思うことと、今後の目標を教えてください。

人と人の繋がりを大切にするようになったことです。

人との繋がりはどんなに小さい繋がりでも大事にすべきであり、いつどんなところで大きな繋がりに変わるかもしれません。

実際、仕事をするうえで人との関わり無しでは、上手くいきません。これからもいろんな人からの影響を受け、より良い物造りをしていきたいと思います。

ある1日のスケジュール
  • 08:00 朝礼
  • 10:00 現場安全巡視
  • 12:00 昼食
  • 13:00 作業打合せ
  • 15:00 発注者打合せ
  • 16:00 出来形確認
  • 17:00 片付け、帰宅
休日の過ごし方

ドライブ、映画鑑賞