NEWS お知らせ

現場見学会を実施しました。

弊社が大手ゼネコンとの共同で施工しております、わかさ氷ノ山のトンネル工事の現場見学会を、吉田建設さんと合同で実施致しました。

普段経験の出来ないトンネル工事を、実際に間近で見て、施工方法等を学びました。

DSCF4171.jpg


最初に、笠原所長(鴻池組)より、工事についての概要説明があり、その中でも、このトンネルの特徴として、非常に急勾配(通常2~3%だが、今回は5.5~6.5%)なもので、施工が困難なものであると話されました。

DSCF4191.jpg
DSCF4198.jpg

その後、笠原所長と弊社現場担当/蓮佛 先導のもと、いよいよ坑内へ入場です。
入口には、発破作業による爆音を防ぐための、巨大で頑丈な防音扉がありました。

坑内の空間は、山を掘って固めたまでの状態で、生々しい空間でした。
中に入って行くと、発破作業室が設置されており、100m手前から発破をかけるそうです。

DSCF4215.jpg
DSCF4244.jpg
DSCF4239.jpg


そこへ見学中にも、工事用車両の出入りがあり、また、2大重機のドリルジャンボ(掘る削る)と吹付システム機が実際に稼働しており、臨場感溢れるド迫力でした。重機が入れ替わり立ち替わり山に向かっていく様子を目の当たりにしました。


トンネルができるまで
掘る削る(岩に穴を開ける)→火薬を入れて爆破→土や岩をトンネル外へ運び出す→
掘った穴が崩れないようにコンクリートを吹付け→鋼製の支保工(トンネル内部を支える鉄枠)を組立→更にコンクリートを吹付け→ロックボルトをトンネル内部から外へ向けて埋込み強度を高める。
この工程を繰り返し掘り進めます。(1日の進捗7.4m)

DSCF4290.jpg
DSCF4251.jpg
DSCF4270.jpg


最後に、参加者からの質問に対して1つづつ丁寧に応えて頂き、現場見学会は終了となりました。
短時間ではありましたが、大変貴重で有意義な経験となりました。

鳥取西道路良田第8改良工事 タイムラプス動画を公開致しました。

H28.8.9~H29.10.31の工期にて行った、鳥取西道路良田第8改良工事のタイムラプス動画。

工事名:鳥取西道路良田第8改良工事
発注者:国土交通省中国地方整備局鳥取河川国道事務所
所在地:鳥取市良田
工事概要:盛土工 掘削工 中層混合処理 補強土壁工 排水構造物工
竣工年度:平成29年9月
施工者:㈱栗山組
工事担当者:村上 孝二

工務係長 村上 孝二 FEATURE記事追加

工務係長 村上 孝二
優良工事表彰、初のトリプル受賞を達成!表彰を経た背景と感じ得た経験とは。

http://www.kuriyamagumi.com/feature/murakami/

MADE BY KURIYAMA WITH PRIDE

栗山組の理念として掲げている 「MADE BY KURIYAMA WITH PRIDE」

我が社社員全員が、その大事な言葉を念頭におき日々の仕事に励んでおります。
そしてこの度、当社会議室の壁に刻み込んで頂きました。

madeby-1.jpg

ペイントをして頂いたのは神奈川よりお迎えしたNATURALLY PAINT (ナチュラリーペイント)。
彼はサインペインターとして一流であり、以前、栗山組の本社入口にロゴをペイントして頂いてから2度目の依頼となります。

NATURALLY PAINT
naturallypaint.com

madeby-2.jpg
madeby-5.jpg
madeby-6.jpg


土木業 × サインペイントという、一見全く結びつく事の無い分野と思うかもしれません。
ですが、企業理念として「その精神を掲げ、刻み込みたい」という想いを具現化する上での方法であり、また、我々の仕事である「土木業」という職業が想像させるマイナスなイメージを払拭させる狙いでもあります。

世間が土木に抱くイメージで3K (きつい、汚い、危険)という固定概念を、栗山組は本来の「男らしく、カッコイイ職業」という事を伝えていきたいと思っています。
そういった中で、他の土木業が想像もつかないような面白いアクションをこれからも展開していきたいと考えております。

madeby.jpg
madeby-0.jpg
madeby-4.jpg

2017年度 安全大会を実施しました。

弊社 栗山組と大晃工業による、合同の安全衛生大会を鳥取市伏野の県立福祉研修センターにて実施致しました。
今年は180人の参加者が参加いたしました。

「安全大会」とは、建設の現場に関わる者が安全に働くことができる環境を学び、安全衛生についての意識を高める集会です。

2017anzen.jpg



弊社、代表 栗山による挨拶では、「今年の県東部の労働災害人口が昨年の同時期に比べて倍以上発生しており、非常に多い傾向にある」ことに言及し、「毎日危険と隣り合わせの現場で何より大事なのが皆さんの安全に対する意識。現場の無事故無災害、安心で安全に働くことが出来る現場環境を共につくりあげていきましょう」と話しました。

2017anzen_2.jpg



安全表彰では、鳥取西道路良田第7改良工事で国土交通省鳥取河川国道事務所長表彰を弊社が受章。優秀建設技術者表彰で村上(工事・一般土木)、下請企業表彰の坂本建材土木・坂本幸誠社長の受章式を行いました。

2017anzen_3.jpg



安全環境部長による一年間の安全活動報告のあと「見る目気づく目注意の目 大きな事故の小さな予兆 全員笑顔のゼロ災職場」の安全スローガンを全員で唱和しました。

2017anzen_4.jpg
2017anzen_5.jpg
2017anzen_6.jpg


<安全管理優良工事>
村上孝二(現場代理人)=栗山組「鳥取西道路第7改良工事」
西村隆一(現場代理人)=大晃工業「県道本鹿高福線(佐貫橋)橋梁補修工事」
<優良施工管理技術者>
薮内克己(現場代理人)=栗山組「塩見川広域河川改修工事(1工区)」
<優良施工協力業者>
やすなが工事・中西則裕(主任技術者)=栗山組「射撃場整備工事(その5)」
春千興業・中村剛(主任技術者)=大晃工業「国道178号(岩美道路)改良工事(3工区)」
<整理整頓賞>
松本多喜治(現場代理人)=栗山組「射撃場整備工事(その5)」
<安全スローガン最優秀賞>
藤原宏(大晃工業)