NEWS お知らせ

2023 新年のごあいさつ

fix.jpg

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

(株)栗山組 社員一同

栗山組忘年会 2022 / 送別会を開催致しました

「湯村温泉 佳泉郷 井づつや」さんにて、恒例の忘年会を3年ぶりに開催しました。

湯村温泉と言えば「井づつや」さんと言われるだけあって
他では味わえない美味しい料理の数々、親切丁寧なおもてなし、そして、心まで温まる温泉につかりゆったりと癒されました。

忘年会恒例、全員参加のチーム対抗戦ゲーム(豪華賞品付)では、初参加者がリーダーとなり、各チームで点数を競い合い、みんなが一体となって盛り上がりました!

そして、今回は長い間一緒に苦楽を共に過ごした仲間(永原芳幸さん)の送別会も行いました。

懐かしい話し、共に苦労した話しなど、色々な思い出話しに花を咲かせて振り返りました。
これまで色々と御世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。永原さん、本当にお疲れ様でした。

いつでも気軽に遊びに来て下さい。

今年も山あり谷あり色々ありましたが、一年の締めくくりをこうして社員みんなで楽しく過ごすことができ、うさぎ年の来年に向かって、1段上に飛び跳ねることが出来そうです!

町立みなみ保育所お絵かき大会 by ふれあう土木場

「県道岩美停車場河崎線(新井工区)」舗装工事現場に、地元の保育園児を招いて、お絵かき大会 by ふれあう土木場を開催しました。
舗装を施工する前の橋の上に、チョークを使って自分たちの似顔絵を描いたり、重機の展示、乗車等を体験して、楽しみながら、土木の世界にふれあっていただきました。

先ずは、普段は乗ったり出来ない重機について、子供たちに分かり易く説明会。
実際に重機を動かしてみると、みんなたちまちにテンションアップ!その迫力に興奮状態!
実際に乗車体験もしてもらい楽しそうでした。

そして、橋の上へのお絵かき大会では、広いキャンパス(床版)を右へ左へ、みんなが時間の経つのも忘れるほど夢中になって似顔絵等をたくさん書きました。

普段は身近でよく見ることがあっても、実際には立入禁止で身近にふれることの出来ない建設現場や建設重機。 今後も、このふれあう土木場を通じて、建設業のイメージを子供たちに分かり易く、親しみ易く、カッコ良く、見て感じてもらって、その魅力を伝えていきたいです。


今回の取り組みを「日本海新聞」さまに取材していただきました。
https://www.nnn.co.jp/news/221020/20221020036.html

「ふれあう土木場 vol.2」を開催しました

今年も社員の皆さんとご家族を招いて「ふれあう土木場」を行いました。

空は秋晴れ、爽やかな空気と暖かい陽気に恵まれ、屋外で通気性のよい明るいスペースに、ガレージを開放して、たくさんの飲食ブースや、現場で活躍している重機の展示等、食事や会話を楽しんでいただけるよう準備致しました。

会場では、ご家族のお子さん達が展示された重機の操縦席に座ったり、実際に試乗体験をしたり、広い敷地を走り回って動き回って、楽しみながら興味津々に土木の世界にふれあって頂きました。

今回の飲食ブースも、焼き鳥屋の「鳥兼」さんと、前回出店していただいた、イタリアレストラン「FARO trattoria」さんに出店協力していただきました。飲食ブース等の設営演出は「BINGOYA」さんに協力していただき、軽快なDJサウンドで盛り上げていただきました。

そして、今回は、焼きそばコーナーと、自分で好みのトッピングをする手作りピザコーナーを社員が担当しました。また、焚火スペースを設けての焼きマシュマロコーナーでは、薪割り体験と焼きマシュマロでお子さん達も大はしゃぎで大盛況でした!


今回もたくさんの美味しい料理と、たくさんの皆様の笑顔で、楽しいイベントとなりました。このイベントを通して、それぞれのお子さん達とふれあえ、その成長の早さに驚いたり、感心したり、また次回会えるのが楽しみです。

今後も「ふれあう土木場」を通じて、社員のご家族、お子さん達に土木をより親しみ易く身近に感じていただき、社員のご家族との交流を深めていきたいと思います

2022 新年のごあいさつ

P1130004.jpg

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

(株)栗山組 社員一同

2021年 インターシップ報告

int21_1.jpg

2021年8月19日(木)~8月20日(金)の2日間インターシップを行いました。
今年も、青谷高等学校の学生1名に参加いただいての実施となりました。

int21_2.jpg

建設業の仕事について少しでもご理解いただけるよう、本社・現場において、ものづくりを支える色々な技術に触れてもらいました。

建設業界についての説明、ビジネスマナーの講習、測量機器を使って測量実技、重機の運転、ドローンの操作等、体験していただきました。

今後も建設業の仕事についてご理解を深めていただく場としてインターシップを実施いたします。
みなさまのご参加お待ちしております。

「ふれあう土木場」を開催しました

今年も社員の皆さんとご家族を招いて「ふれあう土木場」を行いました。

検温・消毒・換気などの感染対策をとり、屋外の通気性のよい明るいスペースにテントを設営して、ゆったりくつろげる様に準備致しました。

会場では、ご家族のお子さん達が普段は近くで見たり乗ったりできない重機を展示、今回は実際に試乗体験も出来る様にしたところ、順番待ちが出来るほど大好評でした。

子どもたちが大喜びではしゃぐ姿は、コロナ禍のうっくつした気持ちも晴れていくようでした。

今回の飲食ブースは、昨年に引き続き 老舗焼き鳥屋の「鳥兼」さんと、昨年オープンして以来、瞬く間に大人気のイタリアレストラン「FARO trattoria」さんに出店協力していただき、飲食ブースの設営演出は「BINGOYA」さんに協力していただきました。

出来立ての炭火焼き鳥やイタリア料理等々、社長特製カレーもあり、美味しい料理を食べて、飲んで、会話も弾んで、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

長引く雨で危ぶまれた天気も何とかもち、楽しいイベントとなりました。

今後も「ふれあう土木場」を通じて、社員のご家族、お子さん達に土木を身近に感じてもらい、社員のご家族との交流を深めていきたいと思います。



令和3年度 株式会社栗山組入社式

令和3年4月1日、例年より早い満開の桜の中4名の新入社員を迎え、入社式を行いました。

開会の辞の後、挨拶に立った栗山社長は

「 沢山色んな職業がある中で建設業を選んでくれたことに大変嬉しく思っている。学生と社会人では、責任の持つ重さ意味合いは変わってくるが、会社は一つのチームです。一人で抱え込んだり、責任に捉われすぎて萎縮しないで、遠慮なく思い切って頑張って頂きたい。同期の絆を大切に、今後の栗山組を主力として引っ張っていける存在になれることを望んでいます。今日から共に頑張っていきましょう 」

と述べました。


続いて、役員紹介の後、一人一人への想いと期待を込めた辞令の交付があり、新入社員自己紹介と続きました。

緊張した面持ちの新入社員の皆さん、諸先輩の温かい目線に見守られながら、時には厳しい指導を受ける事もあるでしょうが、くじけず、初心を忘れず一緒に頑張っていきましょう!

「触れあう土木」を開催致しました。

今年は新型コロナウイルスの影響があり、
新入社員歓迎会、親睦会、納涼会、安全大会など様々な社内行事を中止していました。

そんなコロナ渦の中、検温・消毒・換気などの感染対策を十分にとった上で、
社員と社員の家族を招いた「触れあう土木」と称したイベントを行いました。

栗山組で働く社員の家族が、普段見れない職場や重機を見て感じてもらい、
子供達には操縦席に座ったり楽しんでもらう等、会社の雰囲気や土木の世界をより知って頂きたいと思い開催致しました。

また通常社員以外は立ち入る事のできないガレージに飲食スペースを設け、
重機や工事看板がディスプレイしてある異空間で、家族や仲間たちと食事を楽しんで頂きました。

飲食ブースでは、地元の「老舗焼き鳥屋の鳥兼」さんと人気の「ビストロ&バーおれんち」さんに出店協力していただき、
料理を提供するカウンターは、山陰を代表するアパレルショップ「BINGOYA」さんに協力していただきました。

コロナ渦の状況だからこそ出来る事、こういう時だからこそ
新たな可能性を見出せれた心温まる楽しいイベントになりました。

今回初めての試みで試験的な要素もありましたが、
今後も栗山組の新しい催しとして「触れあう土木」をやっていきたいと思います。

2020年 インターシップ報告

2020inter-01.jpg

2020年8月19日(水)~8月21日(金)の3日間インターシップを行いました。
今年は、新型コロナウイルスの関係で1校(青谷高等学校)の学生1名に参加いただいての実施となりました。
建設業の仕事について少しでもご理解いただけるよう、本社・現場において、ものづくりを支える色々な技術に
触れてもらいました。

2020inter-01.jpg

建設業界についての説明、ビジネスマナーの講習、測量機器を使って測量実技、重機、ドローンの操作、
VRを用いて実際の臨場体験、CAD操作等、体験していただきました。

2020inter-01.jpg

今後も建設業の仕事についてご理解を深めていただく場としてインターシップを実施いたします。
みなさまのご参加お待ちしております。

  • 1
  • 2